印鑑はいくつ必要?何本持っていればいいの?種類は何種類揃えるの?

印鑑はいくつ必要?何本持っていればいいの?種類は何種類揃えるの?

日常生活において印鑑は様々なところで使われます。主に手続きが多く、役所の書類で使う事もあれば、仕事や申し込みの際に使用される事もあります。そこで、実際に何本の印鑑を持っていれば良いのか、印鑑の種類はどういうのがあるのかと気になる方がいると思いますので、紹介していきます。

 

印鑑はいくつ持っていればよいか?

印鑑をいくつ持っておくのかという事ですが、まず重要な手続きを行う際に必要となる実印が1本必要となります。これは他の印鑑に比べて特殊な字体になっており、手彫りで作成される事が多いです。
次に銀行印です。こちらは銀行口座を管理するために必要で、基本的には1本で十分ですが、紛失のリスクや口座別に印鑑を分けたい場合には、それ相応の本数を用意しましょう。
最後に、日常的に使う認印ですが、こちらは宅配物の受け取りの際など、小さなところで使います。1つでも十分ですが、自宅用と持ち運び用に分けて持っておくのも良いでしょう。

 

印鑑の種類について

印鑑の種類はまず、役所に印鑑登録の申請をする重要な「実印」です。次に、金融機関で預金口座を開設したり、お金の出し入れをしたりする際に必要となる「銀行印」があります。
普段からこまめに使われる事が多いのが「認印」で、印鑑登録をしていないものです。一般事務で使われる事が多いです。そして「訂正印」というのが、文字の誤りを訂正する際に使われるものです。ここまでが一般の方がよく使うタイプです。
会社で使われるものとしては「会社の実印」「会社の銀行印」「役職印」「角印」というものがあります。趣味で使われる事があるものとしては「落款印」や「蔵書印」というものもあります。

 

これらが一般的に使われる事のある印鑑の種類、そして本数です。あまり頻繁に使われるものではありませんが、用途別に使い分ける必要があるため、基本的には全て、所有している必要があります。これから印鑑を使う予定がある方はぜひ、参考にしてください。