印鑑の材質について【チタン以外の様々な素材の特徴をご紹介!】

印鑑の材質について【チタン以外の様々な素材の特徴をご紹介!】

印鑑を買う時、デザインも大切ですが、どのような素材にするのか迷われる事があると思います。素材によって使い心地、耐久性、手触りや見た目が変わってきますので、それぞれの特徴を踏まえておく事をおすすめします。理想の印鑑を手に入れられるように、印鑑の素材の紹介をしていきます。

 

角や象牙系

印鑑の中でも最も一般的であり、高い人気を誇っているのが角や象牙系の印鑑です。象牙と一口にいっても種類は様々です。白くて透明感があり、耐久性に優れている「牛角」、黒くて光沢があり、耐久性に優れた「黒水牛」、芯持ちが最上級で、良質な素材を使っている「純天然黒水牛」、氷河時代に生きた生物として知られる貴重な素材の「マンモス」、見た目が美しく、印影が綺麗なz合である「本象牙」などが一般的です。

 

象牙系の印鑑はキメが細かい特徴があり、とにかく捺印性が高い事でしられます。見た目の美しさはもちろん、キメが細かいところで捺印性を高めています。また、一度作ると長く使っていける耐久性があるのも、象牙の特徴です。象牙地震に保湿性質があり、水分を調整してくれます。保湿性能あることから、捺印時に丁度良い印影になるというのも大きな特徴と言えるのではないでしょうか。ただ、象牙系の印鑑は価格のばらつきがあり、希少な素材の場合には価格が高くなる傾向があります。しかし、せっかく印鑑を購入するという事であれば、象牙を選ぶのも良いでしょう。

 

木材系の印鑑

象牙とは違った味のある素材が木材で、印鑑は木材が良いとこだわりを持たれる事も少なくありません。種類は様々で、価格がお手ごろで木の素材を感じられる「薩摩本柘」、昔から愛用される事の多い香りの良い高級な木材である「白壇」、ひび割れを起こしづらく、歪みづらい耐久性のある「玄武」、やや赤みがかっているデザインで、耐久性がありエコさが特徴な「アグニ」、特徴的な木目があり、上部かつエコな素材である「彩樺」、飴色のなめらかなデザインで、耐久性に優れている「楓」、深みを感じられる焦げ茶色が特徴で、耐久力が非常に高い特徴のある「黒壇」。高級感があり、捺印性がとても高く優れている素材である「楓BLACK」などがあります。

 

木材系の印鑑は、比較的安価で購入出来る特徴がありますので手に入れやすいです。素材そのものが軽いため、重みを感じず、手軽に使えるのが魅力の一つでもあります。木材によって木目や色合いが異なり、味のあるデザインを楽しめるというのも、木材系の印鑑の特徴です。木材であるため、耐久性に心配があるという方もいるかもしれませんが、頑丈な素材をコーティングして作られているため、耐久性は想像以上に高いものが多いです。

 

特殊な印材

象牙や木材、チタンなどが今の印鑑の素材として主流であり、一般的でもありますが、その他の素材も豊富です。例えば、Al-Mg系合金を使い、強度がありつつ軽量化も施されており、デザインもメタリックでオシャレな「カラーメタル」、アクリル樹脂を使い、ガラスのような透明感があるほか、耐久性に優れ、水や紫外線に強く、鮮やかな色の特徴のある「カラーハンコ」などがあります。

 

また、樹脂が何千年以上もの時間を経て、化石となった素材を使っている「琥珀樹脂」は、黄褐色の美しい色合いが特徴で、樹脂が作り出した宝石と言われる事もあります。琥珀樹脂はやや耐久性が脆い特徴があるため、簡単に壊れてしまわないようにしっかりとコーティングが行われています。そして最後に「コバルトクロムモリブデン」は、コバルトとクロム、モリブデンを主成分としている素材で、摩擦や変形に強い特徴があり、耐久性が高い合金です。個人向けの実印で90gもの重みがあり、捺印をくっきりしやすいです・

 

これらのように、印鑑の素材の種類は豊富にあります。それぞれで細かいデザイン、手触り、捺印のしやすさや重み、耐久性などが異なります。どの印鑑にするか迷われている方はぜひ、参考にしてもらえたらと思います。